保存・バックアップ研究
動画編集ソフトくりぃむTOP保存・バックアップ研究>HDD内臓DVDレコーダーとの連携
新米パパが考えるバックアップ&保存方法を紹介していきます。
 HDD内臓DVDレコーダーとの連携

 HDD内臓DVDレコーダーとの連携

 新米パパはパソコンと相性の良いDVD-RAMに期待して、パナソニックのDIGAとスーパーマルチ
 ドライブを購入したのですが、実際に使ってみるとイメージしていたのとは多少違う使い方をしてい
 ます。

 まず、ビデオカメラからの取り込みはDIGAではなくパソコンに取り込みます。これはプレミアエレメ
 ンツで編集するために、DV-AVIにする必要があるからです。(DVD-RAMに書き込まれたファイル
 は「DVD-VR」と呼ばれる形式で、プレミアエレメンツでは読み込めません。)

 編集した動画を長期保存する場合にはDVD-RAMを使うわけですが、新米パパの場合はドライブ
 に付属している「DVD-MovieAlbumSE」というソフトを使います。

 DVD-MovieAlbumSEを使用すれば、プレミアエレメンツで編集した動画ファイル(DV-AVI形式)を
 DVD-VR形式に変換してDVD-RAMに保存することができます。もちろんこれでDIGAで再生する
 ことができますし、DIGAの内臓HDDにコピーすることも可能です。(ただし、プレミアエレメンツで
 出力したAVIをカノープスのDV File ConverterでMicrosoft DV AVI type2に変換する必要がありま
 す)


 ドライブの性能だけでなく、付属ソフトもよく確認

 付属のソフトはドライブのメーカーによって異なりますので、体験版などをダウンロードしたり、
 サイトの情報をよく確認する必要があります。新米パパの場合はあまり考えずに購入してしまった
 ので・・・(以下略)

 さらに、新米パパはパソコンで再生できる形式のバックアップとして、プレミアエレメンツでMPEG2
 に変換したファイルをDVD-RAMに保存するようにしています。こうすることで、DIGAとの連携も
 でき、パソコン用の動画をバックアップもしたディスクを作ることができます。


 念には念を・・・

 さらにバックアップに万全をきす場合は、DVテープを保管しておきます。結局DVDもHDDも突然
 壊れたり、再生できなくなる可能性があることは事実です。それに比べればはるかに信頼性が
 高いメディアですし、再編集のときにも最高画質のマスターデータが使えるメリットがあります。

 
保存・バックアップ研究

HDDは一時保存や
バックアップ用に使う


DVDは長期保存や
配布用に使う

HDD内臓DVDレコーダー
  との連携
動画編集ソフトくりぃむ トップ
動画編集ソフトくりぃむTOP 保存・バックアップ研究>HDD内臓DVDレコーダーとの連携
前のページ   次のページ >

保存・バックアップ研究
HDDは一時保存やバックアップ用に使うDVDは長期保存や配布用に使う
|HDD内臓DVDレコーダーとの連携|