アドビプレミアエレメンツを使って動画編集
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツで動画編集>プレミアエレメンツの使い方(保存編)
「Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)」での動画編集方法などを紹介していきます。
  プレミアエレメンツの使い方(保存編)

 プレミアエレメンツでは、編集した動画をいろいろなファイル形式で書き出すことができます。
 保存する目的によって、選択するファオル形式も異なってきますので、簡単に説明します。

 DV-AVI : デジタルビデオカメラから取り込まれるときの形式です。プレミアエレメンツで編集
         するときに使う以外は、ファイルサイズがあまりにも大きいため、保存用としては
         あまり実用的ではありません。

 MPEG2 : DVDにも使われている、コピーマスターとしても十分使える画質です。
         DV-AVIに比べてもはるかにファイルサイズは小さくなります。保存先は大容量の
         ハードディスクやDVDメディアを使うのがオススメです。

 MPEG1 : ほとんどすべてのパソコンで再生が可能なファイル形式です。
         ファイルサイズもCDメディアに十分な時間分が収まるので手軽に扱うことができます。

 保存についてはかなり奥が深いのですが、ここでは上の3種類のファイルの出力の方法を説明
 していきます。

 新米パパのオススメは、コピーマスター用にMPEG2、お気軽再生用にMPEG1、と2つのファイル
 を作ってしまうことです。少し面倒かもしれませんが、新米パパはいつも2種類を書き出しています。


アドビプレミアエレメンツで動画編集
アドビ プレミアエレメン
ツの特徴

新米パパがプレミアエ
レメンツをオススメす
る理由

プレミアエレメンツの
動作に必要なパソコン
のスペック

まずはチュートリアル
から始めよう

BGMに合わせて画像
が切り替わるスライド
ショーの作り方

プレミアエレメンツの
使い方(編集編)

プレミアエレメンツの
使い方(保存編)

プレミアエレメンツ
 での動画編集のヒント
前のページ   次のページ

アドビ プレミアエレメントで動画編集
アドビ プレミアエレメンツの特徴新米パパがプレミアエレメンツのオススメする理由
プレミアエレメンツの動作に必要なパソコンのスペックまずはチュートリアルから始めよう
| BGMに合わせて画像が切り替わるスライドショーの作り方プレミアエレメンツの使い方(編集編)
| プレミアエレメンツの使い方(保存編)|プレミアエレメンツでの動画編集のヒント
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツで動画編集プレミアエレメンツの使い方(保存編)
  ムービーファイルの書き出しの方法

  DV-AVIファイルへの書き出し方法


  
  タイムラインウィンドウを選択した状態で、「ファイル」→「書き出し」→「ムービーを書き出し」を
  選択します。


  
  ファイル名を入力します。
  保存の詳細を設定するには、「設定」クリックします。

  
  ファイルの種類に「
Microsoft DV-AVI」設定してください。
  (注)「Microsoft AVI」を設定すると非常に時間がかかります。

  設定が終了したら、「OK」をクリックして、保存ファイル名を確認して「保存」をクリックします。
  レンダリング(保存の処理)が開始されます。処理時間は編集した動画の長さの+αですが、
  CPUの性能などよっても異なります。



  
MPEGファイルの出力方法

  
 タイムラインウィンドウを選択した状態で、「ファイル」→「書き出し」→「MPEG」を選択を選択します。


  MPEGを書き出しウィンドウが表示され、MPEGの品質を設定します。
  
  NTSCとPAL方式がありますが、ここでは日本国内で使用することを前提に、NTSC方式を選択
  します。DVD互換・SVCD互換・VCD互換・マルチメディア互換など選択肢がありますが、ビデオ
  CDとして再生しない場合はDVD互換(MPEG2)で保存するのか、マルチメディア互換(MPEG1)
  で保存するのかを選択します。
  また、ビットレートや画質の設定は詳細設定で変更することができます。


  
  保存するファイル名を入力して「保存」をクリックします。
  


動画編集ソフトくりぃむ トップ
by Amazon.co.jp
コレも参考になります