アドビプレミアエレメンツを使って動画編集
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツで動画編集>800MHzのノートパソコンでも使えるか
「Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)」での動画編集方法などを紹介していきます。
  800MHzのノートパソコンでもプレミアエレメンツは使えるか

プレミアエレメンツの動作に必要なパソコンのスペック」でも書いたように、新米パパの持っている
 TOSHIBA Dynabook SS S5ではプレミアエレメンツがうまく動作ませんでした。

 しかし、その原因はHDDの回転数にあると判っていました。ということは、「HDDの問題をクリア
 できればプレミアエレメンツを使えるかもしれない」ということです。早速試してみました。

 TOSHIBA Dynabook SS S5のスペック
  
 CPUはモバイルペンティアムV-800MHz  メモリーは256MB 
 どう考えてもプレミアエレメンツを使って動画編集するにはキツいスペックですが、弱点のはHDD
 を何とかすれば・・・。というわけで、外付けのHDDを接続して、試してみました。

  



 
USB2.0を使って外付けHDDを接続する

 S5は当時の製品としては珍しくUSB2.0を装備していました。このUSB2.0を使用して外付けHDDを
 接続します。

 今回使用した外付けHDDは、バッファロー製のDUB2-B120Gです。DELLパソコンの外付けとして
 使用しているもので、容量:120GB、回転数:6400回転、USB2.0&USB1.1対応となっています。
 これをUSB2.0を使って接続すれば、480Mbpsの高速転送なので転送速度的にも、容量的にも
 いけるはずです。

 そもそもS5は、DV-AVIファイルやMPEG2(ビットレート8M)を滑らかに再生することができません
 まずは外付けHDDに入っているDV-AVIファイルを再生してみました。
 結果は、滑らかに再生できました。これでDV-AVIファイルを使って動画編集することができます。
 あとは800MHzのCPUでプレミアエレメンツがどの程度使えるかです。


 
けっこう使える!

 早速S5でプレミアエレメンツを起動してみます。・・・・・・・・・けっこう待ちます。起動時間は約2分
 でした。内蔵のHDDにインストールしたのが悪かったようです。

 無事ソフトが立ち上がったので、実際にファイルを読み込み編集してみます。確かに、2400Cに
 比べれば多少操作に違和感を覚える「ぎこちなさ」を感じる場面もありますが、思っていたよりも
 問題なく編集作業ができます。ただ、モニタウィンドウ表示がコマ落ち感が出てしまうのは残念。

 編集自体に対するソフト自体の動作は、不満はありません。しかし、処理にかかる時間は人それ
 ぞれだと思います。たとえばレンダリング時間です。
 ビデオエフェクトを適用したり、エフェクトコントロールウィンドウで作業するには問題ありませんが、
 レンダリングしてプレビューを見ようとすると厳しい現実が新米パパに襲い掛かりました。

 レンダリング時間が非常にかかるのです。クリップの実時間の3〜4倍はかかります。これはエフェ
 クトの種類などにもよりますが、DELLパソコンに比べるとその処理時間の差に驚きます。

 ソフトやタイトルデザイナーの起動は一度で済みますが、レンダリングは編集が複雑になったりする
 と回数も多くなるので、大きな問題です。

 これを「使える」と判断するか「使えない」と判断するかは、人それぞれだと思います。
 対応策としては、できるだけエフェクトなどをかけないように編集するか、エフェクトをかけても
 レンダリングしないようにするしかないでしょう(笑)。



 
「TOSHIBA Dynabook SS S5」と「DELL Dimension2400C」との比較
   
処理内容 Dynabook SS S-5 DELL Dimension 2400C
起動 約2分 約30秒
アドビタイトルデザイナー起動 約35秒 約8秒
モノクロエフェク トを適用しレンダリング 約40秒 約7秒
タイトルを合成してレンダリング 約35秒 約6秒
DV-AVIファイル書き出し 約8秒 約8秒
MPEG1ファイル書き出し 約35秒 約11秒
 ☆レンダリング処理と書き出しに使ったクリップの長さは10秒のもの。
 ☆タイトルデザイナー=Adobe Title Designer


 上の表を見るとわかるように、レンダリングにかかる時間は非常に長いです。が、不思議にも全く
 使えないという印象はありませんでした。確かに時間はかかりますが、処理自体は行われますので
 使う人の心に割り切りが必要です。

 新米パパの考えとしては、
 ・基本の編集のスタイルはカット編集
 ・あまりエフェクトはかけない
 という条件付ですが、実用に耐えると思います。


 結論
 外付けHDDをUSB2.0でつなげば、多少難はあるが、モバイルペンティアム800MHzを搭載した
 ノートパソコンでもプレミアエレメンツを使って動画編集はできる。


 

アドビプレミアエレメンツで動画編集
アドビ プレミアエレメン
ツの特徴

新米パパがプレミアエ
レメンツをオススメす
る理由

プレミアエレメンツの
動作に必要なパソコン
のスペック

まずはチュートリアル
から始めよう

BGMに合わせて画像
が切り替わるスライド
ショーの作り方

プレミアエレメンツの
使い方(編集編)

プレミアエレメンツの
使い方(保存編)

プレミアエレメンツ
 での動画編集のヒント
動画編集ソフトくりぃむ トップ
プレミアエレメンツの動作に必要なパソコンのスペック に戻る

アドビ プレミアエレメントで動画編集
アドビ プレミアエレメンツの特徴新米パパがプレミアエレメンツのオススメする理由
プレミアエレメンツの動作に必要なパソコンのスペックまずはチュートリアルから始めよう
|BGMに合わせて画像が切り替わるスライドショーの作り方プレミアエレメンツの使い方(編集編)
|プレミアエレメンツの使い方(保存編)プレミアエレメンツでの動画編集のヒント
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツで動画編集800MHzのノートパソコンでも使えるか
  チュートリアルの開始方法
  S5のハードディスク容量

もともと20GBしかないのに、WindowsXPのリカバリ用に5Gが初めから占有されています。アプリケーションをいくつか積むと実質7GBくらいしか空きはありません(涙)

コレでAVIファイルを使って編集をしようとするのが無理な話です。