アドビプレミアエレメンツを使って動画編集
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツで動画編集>BGMに合わせたスライドショーの作り方
「Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)」での動画編集方法などを紹介していきます。
  BGMに合わせて画像が切り替わるスライドショーの作り方

  新規のプロジェクトを作成します。(ここでは仮に「スライドショー」という名前をつけておきます。)
  


  それでは、スライドショーを作る上で必要な写真ファイルとBGMファイルを、メディアウインドウに
  追加しましょう。
  その前に作業を効率よく進めるために、メディアウインドウに「写真フォルダ」と、「BGMフォルダ」を
  作ります。


  メディアウィンドウの下にある「新規フォルダボタン 」をクリックします。
  
  フォルダが新しく作られます。

  
  フォルダの名前に「写真」と入力しましょう。名前の入力画終了した時点では写真フォルダが
  黒反転している(選択されている)状態なので、これを解除します。
  (選択を解除しない状態で、続けて新規ファイルボタンを押すと、写真フォルダの中に
   新規フォルダができてしまいます。)


  
  同様の作業で、「BGM」フォルダも作ります。


  次に写真フォルダの中に、スライドショーで使用する写真を追加します。

  メディアウィンドウの写真フォルダをダブルクリックして、フォルダの内容を表示させてください。
  
  まだ写真は1枚も追加されていないので、何も表示されません。


  写真ファイルを追加します
  
  @「メディアを追加」をクリックします。
  Aあらかじめ撮影しておいた写真を選択します。
  B「開く」をクリックします。

  これで写真フォルダに選択した写真が取り込まれました。
  


  メディアウインドウの左上にあるボタンを押して、上位フォルダの内容を表示させます。

  BGMフォルダをダブルクリックして、フォルダ内を表示させます。
  (まだ何も追加されていないので、何も表示されません)
  


  BGMを追加します。
  
  @「メディアを追加」をクリックします。
  Aあらかじめ用意しておいた音楽ファイルを選択します。
  B「開く」をクリックします。
  これでBGMフォルダに、選択した音楽ファイルが取り込まれました。


  BGMクリップをタイムラインに配置します。
  

  マーカーを設定します。
  
  @日本語入力をOFFになっていること確認します。次にモニタウィンドウの再生ボタンを
    クリックして、BGMを再生させます。
  A日本語入力がOFFになっている状態で、マーカー設定のショートカットキーである[*]キーを
    押して、マーカーを設定していきます。(コツとしては2〜5秒くらいの間隔で設定します)

  マーカーはドラッグアンドドロップで移動させたり、ダブルクリックや右クリックで消去の設定が
  できます。

  一通りマーカーの設定ができたら、時間インジケータの位置をタイムラインの先頭(00:00:00)に
 移動させ、[*]キーを押してマーカーを設定します(曲の先頭にマーカーの設定を追加します)。
 以上でマーカーの設定は終了です


  写真フォルダを表示させます。
  
  メディアウィンドウ左下のアイコンボタンをクリックします。

  取り込んだ写真の一覧が縮小表示されるので、スライドショーに表示する順序でファイルを
  配置します。(左上が最初で右下が最後になります。ファイルはドラッグアンドドロップで移動
  させることができます。

  移動させた際に元にあったクリップが上書きされるような気がしますが、実際には画面外右側に
  押し出されるので表示されないだけです。時々メディアウィンドウ右上にある右矢印ボタンを
  クリックして「整頓」を実行するとよいでしょう。)
  


  スライドショーに使いたい写真ファイルを選択し、スライドショーを作成します。
  
  @Ctrlキーを押しながら選択するか、複数のクリップを囲むようにドラッグして選択します。
   選択されたファイルは灰色に反転します。
  (できればマーカーの数に合わせるとよいのですが、あまりこだわらくてもいいです)
  A写真が選択できたらメディアウィンドウの下部にある「スライドショーを作成ボタン」をクリック
   します


  「スライドショーを作成」ダイアログボックスが表示されます。
  
  「並び」は配置順、メディアは「ビデオのみ使用」を設定します。
  今回はBGMに合わせてマーカーを設定していますので、「静止画やクリップを番号なしマーカー
  に従って配置」にチェックを入れます。
  イメージのデュレーションは150フレームに設定しておきます。

  設定したらOKをクリックします。


  タイムラインのビデオ1に写真が配置されます。
  
  チュートリアルでもやったように、BGMの長さを調節して写真の最後の部分に合わせます。


  最後の写真がフェードアウトするようにエフェクトをかけます。
  
  @「エフェクト」をクリックして」エフェクトウィンドウを表示させます。
  A「含まれる文字」に【暗】と入力します
  B暗転トランジションをタイムラインウィンドウの最後の写真の終わりの部分にドラッグ&ドロップ
   します。

  BGMのがフェードアウトするようにエフェクトをかけます。
  
  @先ほど「含まれる文字」に入力した【暗】を消去します。
  Aエフェクトウィンドウで、「オーディオトランジション」→「クロスフェード」→「コンスタントゲイン」
   を選択します。
  BコンスタントゲイントランジションをBGMの終わりの部分にドラッグアンドドロップします。

 これでBGMに合わせて画像が切り替わるスライドショーの編集が終了しました。お疲れ様でした。
 早速Enterキーを押して、レンダリングをして再生してみてください。
  プレミアエレメンツでスライドショーを作ってみる

 新米パパは、動画編集に重点を置いてきたためスライドショーは作ったことはありませんでした。
 (一応説明しておきますが、決して「作れなかった」のではなく「作る気がなかった」ですから)

 プレミアエレメンツのチュートリアルでは、前半は動画を編集し、後半ではスライドショーを製作し
 ました。そこで気づいたのですが、スライドショーって結構面白いですよね。

 そこで、プレミアエレメンツでは「マーカー」をせっていできるので、それを使ってBGMに合わせて
 画像が切り替わるスライドショーを作ってみたいと思います。




アドビプレミアエレメンツで動画編集
アドビ プレミアエレメン
ツの特徴

新米パパがプレミアエ
レメンツをオススメす
る理由

プレミアエレメンツの
動作に必要なパソコン
のスペック

まずはチュートリアル
から始めよ

BGMに合わせて画像
が切り替わるスライド
ショーの作り方

プレミアエレメンツの
使い方(編集編)

プレミアエレメンツの
使い方(保存編)

プレミアエレメンツ
 での動画編集のヒント
動画編集ソフトくりぃむ トップ
コレも参考になります
by Amazon.co.jp
前のページ   次のページ

アドビ プレミアエレメントで動画編集
アドビ プレミアエレメンツの特徴新米パパがプレミアエレメンツのオススメする理由
プレミアエレメンツの動作に必要なパソコンのスペックまずはチュートリアルから始めよう
|BGMに合わせて画像が切り替わるスライドショーの作り方|プレミアエレメンツの使い方(編集編)
|プレミアエレメンツの使い方(保存編)プレミアエレメンツでの動画編集のヒント
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツで動画編集BGMに合わせたスライドショーの作り方