アドビ プレミアエレメンツでDVD作成
動画編集ソフトくりぃむTOPアドビプレミアエレメンツでDVD作成>シーン選択メニュー付きDVDの作り方
動画編集ソフト「Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)」でのDVD作成方法を紹介していきます。
 シーン選択メニュー付きDVD

 ある程度長さがあり、シーン選択サブメニューからはムービーの各シーンを再生することができる
 DVDです。
 一般的にはどのシーンから再生を開始してもムービーの最後まで再生されるようになっていて、
 販売・レンタルされているDVDのほとんどがこの形式です。

 プレミアエレメンツのチュートリアルでもこの形式のDVDを作る手順を説明しています。

 ここでは新米パパが自己流でやっているメニュー付きDVDの作り方を紹介します。
 本当はもっと簡単に作れる方法もあると思いますが、そちらはユーザーガイドとヘルプを参照に
 してください。

アドビ プレミアエレメンツでDVD作成

オートプレイDVDの
作り方


シーン選択メニュー付き
|DVDの作り方

ムービー選択のある
  メニュー付きDVDの
  作り方

動画編集ソフトくりぃむ トップ
動画編集ソフトくりぃむTOP アドビプレミアエレメンツでDVD作成>シーン選択メニュー付きDVDの作り方
前のページ   次のページ

アドビ プレミアエレメンツでDVD作成
オートプレイDVDの作り方|シーン選択メニュー付きDVDの作り方|
ムービー選択のあるメニュー付きDVDの作り方

 新米パパ流シーン選択メニュー付きDVDの作り方

  編集した動画にDVDマーカーを設定します。(自動でも設定できますが、新米パパはいつも
  手動で設定しています。)
  
  (1)タイムラインルーラー上のシーン設定を設定したい位置に時間インジケーターを合わせます。
  (2)DVDマーカーをクリックします。


  DVDマーカーダイアログが表示されます。
  
  (1)シーンの名前を入力します。(なるべく簡潔にわかりやすく)
  (2)マーカーの種類をシーンマーカーに設定します。
  (3)「サムネールのオフセット」のタイムコードをドラッグして、任意の映像を設定します。
     ここでの設定が、DVDのシーンメニューに反映されます。

  設定ができたらOKをクリックします。


  同様の手順で、シーン設定をしたい箇所にシーンマーカーを追加していきます。
  


  シ−ンマーカーが設定できたら、DVDワークスペースをクリックしDVDメニューテンプレートを
  選択します。
  
      ↓
  
  「DVDテンプレート使用(メニューあり)」を選択します。
  テンプレートの中から任意のメニューデザインテーマを選択して「OK」をクリックします。


  テンプレートを指定すると、メニューに表示されるボタン名が先ほどDVDマーカーで指定した
  名前に変わります。
  
  ここで各ボタン名を変更することができます。

  A.出来上がりのディスクがどのような動作をするか確認する場合は「DVDをプレビュー」を
    クリックします。
  B.そのまま書き込む場合は「DVDへ書き込み」をクリックします。


  「DVDへ書き込み」ダイアログボックスが表示されます。
  
  基本的にはプレミアエレメンツがDVDメディアの空き容量と、書き込もうとしている動画の
  データ量から、最高画質の設定を自動計算して書き込みをしてくれます。

  「品質設定」のチェックを外せばユーザーがビデオ画質を設定することができます。