プレミアエレメンツ編集室
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツ編集室>音量や左右バランスをコントロールする
「Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)」を使った動画編集方法などを紹介していきます
 音量や左右バランスをコントロールする

 音量はエフェクトに用意されている「コンスタントパワー」「コンスタントゲイン」を使用するこ
 とによってコントロールできますが、キーフレームを使用することで直感的にコントロール
 することができます。また、同様に左右バランスも簡単にコントロールすることができます。


   ■ 音量をコントロールする
   キーフレームを設定する方法は何通りかあるのですが、新米パパは「キーフレームの
   追加または削除ボタン」を使用して設定しています。

   
   (1)音量のコントロールをしたいクリップを選択します。
   (2)オーディオのエフェクトプロパティメニューを「ボリューム:レベル」に設定します。


   
   (1)時間インジケーターを音量の調節をしたい位置に移動させます。
     (あとで位置は調節できるので大体の位置でいいです)
   (2)「キーフレームの追加または削除ボタン」をクリックして、キーフレームを作成します。
   
   今回はこの方法で3個のキーフレームを設定してください。
   仮に、1つ目をコントロールの始点・2つ目をコントロールポイント・3つ目をコントロール
   の終点と呼ぶことにします。


   
   設定した3個のキーフレームをドラッグすることで、音量の調節することができます。
   (グラフが上に行けば音量は上がり、下に行けば音量は少なくなります。)

   基本的には始点・終点はあまり動かさず、コントロールポイントを移動させて音量を
   設定するとうまくいきますが、コツをつかむまでは少し戸惑うかもしれませが、慣れると
   直感的に音量のコントロールをすることができます。



   ■ 左右バランスをコントロールする

   
   
エフェクトの「オーディオエフェクト」→「バランス」をドラッグしてバランスコントロール
   したいクリップに適用します。


   
   エフェクトプロパティメニューを「バランス」に設定します。
   このままでは、クリップ全体のバランスを設定することはできますが、キーフレームは
   作成することができません。


   
   (1)エフェクトコントロールウィンドウを表示させます。
   (2)オーディオエフェクトの「バランス」の項目の左にあるにある矢印をクリックして展開
      します。
   (3)バランスの「アニメーションの切り替え」を有効にします。
   以上の操作でバランスをコントロールするキーフレームを作成できるようになります。


   
   タイムライン上の「キーフレームの追加または削除ボタン」をクリックすれば、
   キーフレームが作成されます。
   (もちろんエフェクトコントロールウィンドウ内でもキーフレームは設定できます。)


   
   設定したキーフレームをドラッグすることで、音量の調節することができます。
   (グラフが上にいけば左、下に行けば右に音が移動します)



  バランスの設定はともかく、音量のコントロールは頻繁に使うと思いますが、新米パパは
  この機能があることに気づくまで、1ヶ月かかりましたから・・・。切腹!!

  また、キーフレームの作成とエフェクトコントロールウィンドウの操作を使いこなすことで、
  複雑なエフェクト設定が可能です。

  取っ掛かりにくいとは思いますが、ここで紹介したバランス設定で慣れておくと、後々役
  に立つと思います。


プレミアエレメント編集室
動画編集ソフトくりぃむ トップ
動画編集ソフトくりぃむTOP プレミアエレメンツ編集室>音量や左右バランスをコントロールする