プレミアエレメンツ編集室
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツ編集室複製エフェクトを加速させる
「Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)」を使った動画編集方法などを紹介していきます
 複製エフェクトを加速させる

最近新米パパの中でお気に入りのビデオエフェクトに「複製」があります。簡単に派手な
 効果が得られる複製エフェクトですが、複製するタイミング(分割スピード)の設定を
 することで、デフォルトのまま使うよりずっと見栄えがよくなります。

 やり方も簡単ですので、複製エフェクトを使うときには是非試してみてください。

      
   ☆再生にはウィンドウズメディアプレーヤーが必要です(ダウンロードはこちら



 複製エフェクトを加速させる方法(今回は静止画を複製しています)
 
 複製エフェクトをかける部分をレーザーツールで分割します。
 
 (1)複製したいシーンにタイムインジケーターを合わせます。
 (2)レーザーツールを使い、タイムインジケータの場所でクリップを分割します。

     



 分割したクリップを静止画にします。
 
 (1)分割したクリップ(静止画を設定したいクリップ)を選択し、右クリックします。
 (2)「フレームの保持...」を選択します。


 フレーム保持の設定をします。
 
 ・「保持するフレーム」にチェックを入れます
 ・右側のボックスは「インポイント」(選択したクリップの先頭のフレーム)を選択します。
 ・「インターレース解除」はPCで再生するときには入れておいたほうがいいです。

 ☆「アウトポイント」に設定すると選択したクリップの最後のフレームが保持されます。


 1画面の静止画部分を作ります。
 
 (1)選択ツールになっていることを確認します。
 (2)フレーム保持してクリップを縮めます(0.5秒〜1秒くらいがオススメです)


 複製エフェクトをかけるクリップを作ります。
  
 フレーム保持したクリップを選択して、「編集」→「コピー」と「ペースト」を使います。


 
 選択ツールになっていることを確認して、複製エフェクトをかけるクリップを伸ばします。
 (クリップの最後の部分をドラッグ&ドロップ。3秒くらいがオススメです)


 


 エフェクトコントロールウィンドウで、複製するタイミングを設定します。
 
 (1)時間インジケーターを一番左の位置にあわせます
 (2)カウントの左側のボックスにチェックを入れます。
 (3)画面数を設定します。最初なので「2」を設定します。(4画面になります)


 
 (1)時間インジケーターを右端から1秒くらいずらしたところにあわせます。
 (2)画面数を設定します。最後なので「16」を設定します。(キーフレームが自動作成)


 
 (1)先に設置したキーフレームの中間点にカウントを「5」に設定したキーフレームを
 (2)更にその中間点にカウントを「10」に設定したキーフレームを作ります。


 画面分割する速度を変更することによって、エフェクトに メリハリが出てきます。
 お好みでタイミングを変更してみてください。


プレミアエレメント編集室
動画編集ソフトくりぃむ トップ
コレも参考になります
複製エフェクトのサンプル

 デフォルト (6秒 400Kb wmv形式)

 加速あり (6秒 400Kb wmv形式)
動画編集ソフトくりぃむTOP プレミアエレメンツ編集室>複製エフェクトを加速させる
← 静止画にしたいシーン