プレミアエレメンツ編集室
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツ編集室ブラーを使って映像をぼかす
「Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)」を使った動画編集方法などを紹介していきます
 ブラーを使って映像をぼかす

 ブラーエフェクトを使うと映像をぼかすことができます。動画に使っても良いのですが、
 静止画に適用してタイトルと組み合わせる手法はテレビなどでおなじみです。
 また、いきなり映像をぼかすのではなく、徐々にぼかしていくとさらに雰囲気がでます。

 ブラーエフェクト サンプルムービー(画像をクリックすると再生されます)

      
  静止画+ブラー適用     ブラー+タイトル+サウンド
  (4秒 127Kb wmv形式)  (6秒 213Kb wmv形式)


 ブラーを使って映像をぼかす

 サンプルのように、映像を静止させる方法については、「ストップモーションにする」のページ
 を参照してください。


 


 
 エフェクトコントロールボックスを表示させ、ブラーの設定を行います。
 (1)ブラーエフェクトのチェックを入れ、効果を有効にします。
 (2)クリップの最初の部分に、ブラーの値が0のキーフレームを作成します。
 (3)1秒くらいタイムインジケーターを移動させ、ブラーが20のキーフレームを作成します。


 以上で、ぼかし初めからぼかし終わるまでが1秒のエフェクトが設定されました。
 このクリップにタイトルを入れたり、効果音などを組み合わせるとせると、より高い効果が
 得られると思います。

 ブラーの値はあまり高く設定すると、何が映っているのかわからないくらいぼけてしまうので、
 少し控えめくらいに設定した方が良いようです。


 
プレミアエレメント編集室
動画編集ソフトくりぃむ トップ
コレも参考になります
☆再生にはウィンドウズメディアプレーヤーが必要です(ダウンロードはこちら
動画編集ソフトくりぃむTOP プレミアエレメンツ編集室>ブラーを使って映像をぼかす
  ビデオエフェクト
      ↓
  ブラー&シャープ
      ↓
  ブラー(滑らか)

をぼかしたいクリップに適用します。


☆ブラー(ガウス)は効果を強めると画面の周辺がブラー(滑らか)に比べて暗くなります。

サンプルではブラー(滑らか)を使っています。