プレミアエレメンツ編集室
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツ編集室>画面の一部にモザイクをかける&動かす
「Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)」を使った動画編集方法などを紹介していきます
 画面の一部にモザイクをかける&動かす

 モザイクはテレビ番組などで怪しい場面に使われることが多いので、編集に使えば怪しさが
 アップすることはもちろん、何のへんてつもない場面で使っても、そのギャップから面白さが
 生まれることがあります。

 部分的なモザイクを使うには少し設定に手間が必要ですが、見た目にもインパクトがありま
 すし、1度使えば次からは簡単にできると思いますのでぜひ挑戦してみてください。


   ■ 画面の一部にモザイクを設定する

   ここではクロップを使用した方法を紹介します。クロップとは指定した範囲内を取り出す
   機能です。クロップとキーフレームの設定をすることによって、モザイクの範囲の拡大・
   縮小・移動がスムーズに行えます。少し面倒くさいかもしれませんが、慣れるとすごく
   便利です。


   モザイクをかけたいクリップをタイムラインに2本配置します。
   
   (1)モザイクをかけたいクリップをダブルクリックします(図ではビデオ1に配置したクリップ)
   (2)モニタウィンドウにダブルクリックしたクリップが表示されます。
   (3)モニタウィンドウに表示された画像をドラッグ&ドロップしてビデオ2に配置します。
     (ビデオ1と同じ時間位置になるように配置します)


   タイムライン上では、上に配置されている(数字の大きい)トラックから優先的に表示され
   るので、ビデオ2にエフェクトをかけます。
   
   ビデオ2に配置したクリップに「ビデオエフェクト」→「トランスフォーム」→「クロップ」を
   適用します。


   クロップを適用したクリップを選択し、エフェクトコントロールウィンドウを表示させ、
   クロップの設定を行います。
   
   (1)左側にある「エフェクトのON/OFF」のチェックにマークを入れ、クロップエフェクトを
      有効にします。下矢印をクリックして、上下左右のキーフレーム設定を表示させます。
   (2)「クロップ」をクリックすると、モニタウィンドウの四隅に範囲を調節するハンドルが
      表示されます。
   
             ↓
   
   ハンドルをドラッグしてクロップの範囲を設定します。


   設定範囲が決まったら、キーフレームを作成します。
       
   (1)上下左右の「アニメーションの切り替え」をクリックしてONにします。
   (2)クロップを設定した位置のキーフレームが自動的に作成されます。



   ■ モザイクを動かす設定をする

   エフェクトコントロールのライムラインを移動させ、それに併せてクロップの位置も
   変化させます。   
   (1)エフェクトコントロールのタイムラインを進ませます。
   (2)モニタウィンドウのクロップ枠を変化させます。
   (3)自動的にキーフレームが作成されます。
   この作業を繰り返して、モザイクをかけたい範囲の設定を行います。


   クロップの設定が完了したら、モザイクエフェクトを適用します。
   


   モザイクの設定をします
   
   (1)モザイクの左側にある下矢印をクリックします。
   (2)水平ブロックと垂直ブロックの数値を調節してモザイクの強さを設定します。


   モザイクの範囲と位置を細かく設定すれば、より滑らかな動きでモザイク部分をコント
   ロールすることができます。




プレミアエレメント編集室
動画編集ソフトくりぃむTOP プレミアエレメンツ編集室>画面の一部にモザイクをかける&動かす
動画編集ソフトくりぃむ トップ