プレミアエレメンツ編集室
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツ編集室>ピクチャ・イン・ピクチャを使う
「Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)」を使った動画編集方法などを紹介していきます
 プレミアエレメンツ編集室

 ピクチャ・イン・ピクチャ(以下PinP)は、親画面の中に子画面をはめ込むエフェクトです。
 テレビ番組でよく見られる手法で、親画面に映った映像に対する、出演者のリアクションを左下に
 映す時に用いられています。

 効果が派手で、見ている人にもかなりウケがよいエフェクトですが、プレミアエレメンツでは
 プリセットとして用意されているので、気軽に使うことができます


 
■ ピクチャ・イン・ピクチャの設定方法
 (右下に子画面がポップアップして表示され、ポップダウンして消える動作の場合)


   タイムラインに2つのビデオクリップ(親画面用と子画面用)を配置します。
   
   タイムラインの上にある(数字の大きい)トラックから優先的に表示されるので子画面に
   したい方のクリップを上に配置した方が作業効率がいいです。


   ピクチャ・イン・ピクチャエフェクトを適用します。
   
   エフェクト→プリセット→ピクチャインピクチャ→40%ピクチャインピクチャを選択します。


   
   「PiP40%右下にスケールイン」と「PiP40%右下からスケールアウト」を子画面にしたいクリップに
   ドラッグ&ドロップします。
 
   今回は「40%右下」のPiPを使用しましたが、それ以外にも面白い動作をするPiPが用意されて
   います。


   
■注意点: 複数のスピン系を同一のクリップに設定すると、ずーっとスピンしてしまう
   ので、PiPを設定する前に、子画面用のクリップをレザーツールで分割しておく必要が
   あります。
 (分割しない場合は、それはそれで結構面白い動作をします)

   
   PiPのスピン系のエフェクトを1つのクリップに複数個適用する場合は
   (1)子画面にしたいクリップをレザーツールで分割する
   (2)分割したそれぞれのクリップに、ひとつずつエフェクトを適用する。



   かなり簡単な手順で、見る人に驚きの(?)リアクションが期待できるPiPですが、別に親場面と
   子画面の整合性をあわせる必要はありません。(そのギャップがウケる場合があります)




プレミアエレメント編集室
動画編集ソフトくりぃむTOP プレミアエレメンツ編集室>ピクチャ・イン・ピクチャを使う
動画編集ソフトくりぃむ トップ