プレミアエレメンツ編集室
動画編集ソフトくりぃむTOPプレミアエレメンツ編集室テロップを表示する時のひと工夫(その1)
「Adobe Premiere Elements(アドビプレミアエレメンツ)」を使った動画編集方法などを紹介していきます
 テロップを表示する時のひと工夫(その1)

(1)表示させるときに効果音を入れる

 サンプルムービー(クリックするとムービーが再生されます)
 ・効果音なし(4秒 250KB wmv形式)
 ・効果音あり(4秒 250KB wmv形式)
 ☆ウィンドウズメディアプレーヤーが必要です(ダウンロードはこちら

 新米パパは、タイトルやテロップを出すときは、面倒でも極力効果音をつけるようにしてい
 ます。ただ単にタイトルを出しただけと比べて、より完成度の演出ができます。ただし、
 場面に合った効果音をつけるには、ある程度の効果音の種類をストックしておく必要が
 あります。

                効果音の検索は下のGoogleでできます。↓
Google




 (2)フェードイン・フェードアウトさせる

 サンプルムービー(クリックするとムービーが再生されます)
 ・フェードイン・フェードアウトなし(4秒 500KB wmv形式)
 ・フェードイン・フェードアウトあり(4秒 500KB wmv形式)
 ☆クリックするとサンプルが再生します。ウィンドウズメディアプレーヤーが必要です(ダウンロードはこちら

 タイトルやテロップを出すときに「パッ」と表示させるのではなく、フェードインさせるます。
 消すときもいきなり消すのではなく、フェードアウトさせることで、「プロっぽく」なります。
 少し面倒でも、動画の完成度がワンランク上がるので、オススメの効果です。
 (注:もちろん場合によっては「パッ」とタイトルを出す方が効果的な場合もあります。)

 フェードイン・フェードアウトをかける方法として、「ディゾルブを使用する方法」と「透明度を
 調節する方法」の2通りがあります。


 ディゾルブを使用する方法

   
 (1)エフェクト→ビデオトランジション→ディゾルブを選択し、テロップへドラッグ&ドロップ。
 (2)ディゾルブエフェクトの長さを調節します。



 不透明度を調節する方法

   
 テロップのクリップを選択し、「キーフレームの追加・削除ボタン」をクリックして。キーフレーム
 を4つ作ります。このとき位置はあまり気にしなくても大丈夫。

   
 それぞれのキーフレームをドラッグ&ドロップして、上の形になるように調節します。


 効果は同じでも、やり方が何パターンもあるのがプレミアエレメンツの特徴です。
 お好みの方法でどうぞ。



プレミアエレメント編集室
動画編集ソフトくりぃむ トップ
コレも参考になります
動画編集ソフトくりぃむTOP プレミアエレメンツ編集室>テロップを表示する時のひと工夫(その1)