サイバーリンクパワーディレクター9編集室
動画編集ソフトくりぃむTOPパワーディレクター9編集室>タイムライン上に動画ファイルを並べて編集
動画編集ソフトくりぃむ トップ
   サイトのトップへ





さっそく編集してみました

新規プロジェクト作成と
動画ファイルの登録

タイムライン上に動画
ファイルを並べて編集

トランジションを設定する

タイトルを作成する

チャプターを設定する

DVDやブルーレイ
 ディスクを作成する
 
「CyberLink PowerDirector9(サイバーリンク パワーディレクター9)」での動画編集方法などを紹介していきます。
  タイムライン上に動画ファイルを並べて編集

 
 メディアライブラリに登録したファイルを動画クリップとしてタイムライン上に並べていきます。


 
 パワーディレクター9はデフォルトの設定で、2つのトラックが用意されています。
 この2つのトラックの優先順位(2つのトラックにファイルを重ねるように配置すると、
 どちらの映像が 表示されるか)ですが、数字が大きいほうが優先されます

 今回は、2つのトラックは使わずに、動画のトラックはトラック1の一つで作っていくので
 関係ないのですが、複雑な動画編集をするのであれば、この法則は覚えておく必要があります。


 動画・音声トラック1にクリップを1つづつ並べて、そのクリップの不要な部分を削除していきます。
 やりかたは、いろいろとあると思いますが、今回は、不要な部分の始まりと終わりでクリップの
 分割をして、不要な部分を削除する方法を採用しました。
 
 @カーソルを分割したい位置まで移動させます。
 A分割ボタンをクリックします。

 
 クリップが分割されました。
 と同時に、分割された後半部分のクリップが青色で選択された状態になっています。

 
 Deleteキーで後半のクリップが削除されました。

 あとは、クリップを配置して不要な部分を削除することを繰り返していきます。


 
 が、ここで1つ気になることが・・・
 それは、プレビュー画面の画質が粗い(汚い)のです。

 左上の画面に登録されたクリップを選択して、見美上のプレビューウインドウで再生すると
 ハイビジョンの画質らしくとてもキレイに再生されるのですが、
 タイムラインに配置したクリップを選択してプレビュー画面で再生させると、
 画像の解像度が低くなって、お荒い映像になってしまうのです。

 もちろん、これには理由があって、標準の設定ではCPUの負荷をかけない範囲でのプレビューに
 なっているようです。
 ですので、その設定を変えてあげればキレイな画質でプレビューを表示させることができます。
 せっかくのハイビジョンで撮影した動画なので、きれいな画面を見ながら編集したいですからね。

 設定の方法は、
 
 メディアビューアーの下にある「プレビュー」をクリックします。
 プレビュー解像度をリストの中から設定します。

 解像度の設定を変更すると、プレビューウィンドウに表示される画像の大きさが
 変わってしまうことがあります。
 そこで
 
 表示スペースの設定をクリックして「フィット」に設定しておくことで、
 解像度を変更しても、自動的にプレビューウィンドウにあった大きさで表示してくれます。


 フルHDにすればもちろん最高画質でのプレビューを楽しめるのですが、
 その代わりCPUパワーが必要とされて、編集のレスポンスが低下する恐れがあります。
 逆に、解像度を下げれば、CPUパワーが低いパソコンでも快適な編集作業を実現することが
 できます。(その代わりプレビュー画面は粗くなります)





前のページ   次のページ

サイバーリンクパワーディレクター9編集室
さっそく編集してみました新規プロジェクト作成と動画ファイルの登録
タイムライン上に動画ファイルを並べて編集|トランジションを設定する
タイトルを作成するチャプターを設定する
DVDやブルーレイディスクを作成する
動画編集ソフトくりぃむTOPパワーディレクター9編集室>タイムライン上に動画ファイルを並べて編集
コレも参考になります
by Amazon.co.jp