ウェブビデオスタジオ【WEB VIDEO STUDIO】を使って動画編集
動画編集ソフトくりぃむTOPウェブビデオスタジオで動画編集>ウェブビデオスタジオをススメする理由
「WEB VIDEO STUDIO(ウェブビデオスタジオ)」を使った動画編集方法を紹介していきます。
  新米パパがウェブビデオスタジオをオススメする理由

 新米パパは動画編集について「手軽に撮影、手軽に編集、手軽に再生」できることを第一として
 います。そして、そのコンセプトを実現できるソフトがウェブビデオスタジオだと思います。

 もちろんウェブビデオスタジオでは機能的に満足できない方もいると思います。その方たちは
 ユーリードのビデオスタジオやアドビのプレミアエレメンツなどの人気のある動画編集ソフトを
 使うのもよいと思います。しかし、最初はあまりお金をかけないで「動画編集の面白さ」を味わって
 みてはいかがでしょうか?

 もしかしたら「高いお金を出して買った動画編集ソフトだけれども、すぐ飽きてしまった」となる
 可能性もあるのです。新米パパは、できるだけお金はかけないほうがいいと思っています。

 そういった意味では、ウェブビデオスタジオに限らず、お使いのデジタルビデオカメラには大抵の
 場合、付属のムービー編集ソフトが付属していますので、それを試してみるのも良いと思います。




ウェブビデオスタジオ【WEB VIDEO STUDIO】を使って動画編集
ウェブビデオスタジオ
ってどんなソフト?

IBMホームページビル
ダーについて

ウェブビデオスタジオを
オススメする理由

動画編集に必要な機材
をそろえよう

動画編集奮闘記(ウェブ
ビデオスタジオ編)

ウェブビデオスタジオの
使い方(編集編)

ウェブビデオスタジオの
使い方(保存編)

動画編集のヒント
動画編集ソフトくりぃむTOPウェブビデオスタジオで動画編集ウェブビデオスタジオをススメする理由
動画編集ソフトくりぃむ トップ
  ウェブビデオスタジオの良い点

 ウェブビデオスタジオの良い点。それは「すべての動画編集ソフトに移行するための入門的
 な要素を多く含んでいる」
この一言に尽きると思います。

 ハッキリ言って動画編集は楽しいです。かつての新米パパがそうであったように、ウェブビデオス
 タジオは初心者でも簡単に操作を覚えることができます。

 動画編集ソフトは、やろうとしている事は同じでもソフトによって手順が違ったり、編集画面のレイ
 アウトが違っています。しかし、基本的な操作感覚は似たようなものが多いように思えます。
 その基本的な操作や動画編集に関する考え方がウェブビデオスタジオを使うことで学ぶことが
 できます。

 そして動画編集にハマればハマルほど「もっと高度な編集をしたい」「ウェブビデオスタジオでは
 機能が足りない」と思うようになるかもしれません。でも、それはごく当たり前の考えだと思いますし、そこまで行けばウェブビデオスタジオの役割は十分果たしているといえると思います。

 しかも、ホームページビルダーについているソフトなので、実質無料で使えます。新米パパのように
 ホームページで子供の動画を公開(親族限定で公開していますが)する場合は、ホームページの
 作成もできるのでまさに一石二鳥です。


  ウェブビデオスタジオの悪い点

 前述した通り、ウェブビデオスタジオには必要最低限のシンプルな機能しか搭載していません。

 また、ウェブビデオスタジオの唯一であり最大の残念な点は、「プレビューを見るための処理時間
 がかかる」というところです。

 大抵の動画編集ソフトは、編集した内容をプレビューする場合「レンダリング」と呼ばれる処理を必
 要とします。そして、そのレンダリングにかかる時間はムービー全体の時間と同じか、時には
 2〜3倍かかるときがあります。

 ウェブビデオスタジオは、レンダリングの処理時間自体は標準的な速さなのですが、たとえ
 わずかな部分の編集であっても、編集したらレンダリングをしないとプレビューが見られません。
 結果的にかなりの頻度でレンダリングをすることになります。

 例えば、一部分のわずかな変更・修正をしたとしましょう。その修正した部分の前後だけの
 プレビューを見たい場合は、部分的にレンダリングをするだけなのでその処理にそれほど時間は
 かかりません。しかし、全体のプレビューを見るためには動画の最初から最後までのレンダリング
 をする必要があり、処理に時間がかかってしまいます。

 最近は、ソフトによってはレンダリングが必要ない「リアルタイムプレビュー」などと呼ばれる機能
 を備えたものもありますので、ある程度動画編集の経験を積むと、そちらに魅力を感じると思いま
 す。実際新米パパも、その機能が付いているソフトに買い換えました。(それでも、やっぱりレンダ
 リング自体は必要なのですが・・・)

 しかしウェブビデオスタジオにはその弱点をカバーできる「作業の手軽さ」を兼ね備えていること
 を考えると、少しくらい我慢が必要です。


  ウェブビデオスタジオの良くもあり、悪くもある点

 ウェブビデオスタジオでは、用意されているトランジションやエフェクトは比較的少ないのですが、
 あくまでも比較的であって、よく使ったり、お馴染みのトランジションは用意されています。
 ですから、「過不足なく用意されている」と言った方がいいかも知れません。

 実際、新米パパははこの点についてまったく不満を感じていません。動画編集ソフトの中には、
 「何だよコレ?いったいどんな場面で誰が使うんだよ」といった特殊(奇妙)なトランジションを用意
 しているものがありますが、ウェブビデオスタジオにはそのようなトランジションやエフェクトは用意
 されていないということです。

 また、編集した動画はwmv、avi、movの各ファイルに出力したり、ホームページビルダーと連携して
 ホームページ上で見られるように設定できますが、直接CDやDVDに保存することはできません。
 特にDVD-Videoとして保存する場合には、別途オーサリングソフトと呼ばれるソフトが必要です。

 これは、もともと「ホームページ上で公開する動画を編集する」というコンセプトでウェブビデオスタ
 ジオが開発されたからだと思います。

 逆に、ホームページ上で動画を公開する機能は非常に充実していて、使い勝手も良好です。