動画をウィンドウズメディアビデオ形式にエンコードする
動画編集ソフトくりぃむTOP動画をWMV形式にエンコードするWMV形式の特徴
ウィンドウズメディアエンコーダーを使用したWMV形式へのエンコード方法を紹介します
  ウィンドウズメディアビデオの特徴

 ウィンドウズメディアビデオ形式のファイル(以下WMV)は
  少ない容量でも高画質を実現(高圧縮・高画質)
 
 互換性が高い(Windows標準のウィンドウズメディアプレーヤーで再生可能)
 という特徴があります。


 
少ない容量でも高画質を実現(高圧縮・高画質)

 一般的には、動画データを圧縮してファイル容量を少なくしようとすると画質や音質が低下して
 しまいます。しかし、WMVは小容量のファイルでも高画質を実現しています。

 ファイル容量が少なければそれだけ多くの動画を限られたホームページスペースでも公開できま
 すし、高画質であれば見る人にも喜ばれます。
 
 実際にWMVを採用しているムービーを配信しているサイトも多く、インターネット上では非常に
 スタンダードな形式になっています。


 
Windows標準のウィンドウズメディアプレーヤーで再生可能

 多くのPCで再生できることも重要です。せっかく編集した動画も、特殊な形式(有料ソフトがないと
 見ることができないなど)で公開してしまっては、見る人を限定してしまうことになります。

 その点WMVはウィンドウズに標準で搭載されているウィンドウズメディアプレーヤーで再生できま
 すので再生環境に対する不安はありません。ウィンドウズメディアプレーヤーはウィンドウズ版は
 もちろん、マッキントッシュ版も無料でダウンロードできます。


 新米パパは、AVIやMPEGなどはハードディスクやDVDなどへの保存用(マスター)、WMVはホーム
 ページでの公開用と使い分けています。

 また、ウィンドウズメディアプレーヤーは定期的にバージョンアップをして、より高機能で使いやすく
 進化しています。
 最新版のウィンドウズメディアプレーヤーはこちらからダウンロードできます




動画をウィンドウズメディアビデオ形式にエンコードする
WMV形式の特徴

メディアエンコーダーの
DLとインストール

メディアエンコーダーの
使用方法

ビットレートの設定と
容量の関係

高ビットレートを設定
するときの注意点

新米パパのオススメ
  設定は・・・
動画編集ソフトくりぃむ トップ
前のページ   次のページ

動画をウィンドウズメディアビデオ形式にエンコードする
WMV形式の特徴|メディアエンコーダーのダウンロードとインストール
メディアエンコーダーの使用方法ビットレートの設定と容量の関係
高ビットレートを設定するときの注意点
新米パパのオススメ設定は・・・
動画編集ソフトくりぃむTOP動画をWMV形式にエンコードするWMV形式の特徴