動画をウィンドウズメディアビデオ形式にエンコードする
動画編集ソフトくりぃむTOP動画をWMV形式にエンコードする
ウィンドウズメディアエンコーダーを使用したWMV形式へのエンコード方法を紹介します
  動画をWMV(ウィンドウズメディアビデオ)形式にエンコードする

 ウェブビデオスタジオやプレミアエレメンツなどで編集した動画(MPEGやAVI)は、そのままでは
 ファイル容量が大きすぎてホームページでは公開できません(ホームページスペースが足りませ
 ん)。そこでファイル容量の少ない形式へ変換(エンコード)する必要があります。

 現在、動画の配信をしている多くのサイトではWMVを採用しています。技術的に優れているだけで
 なく、ウィンドウズに標準で付属しているウィンドウズメディアプレーヤーで見ることができ、汎用性
 が高いのがその理由です。


 WMVへのエンコードにはソフトが必要

 ウェブビデオスタジオなど、動画編集ソフトの中にもWMVの出力が可能なもあります。
 しかし、動画編集ソフトではAVIやMPEG2などの高画質ファイルで出力することをオススメします。
 マスターとして保存できますし、WMVのエンコード能力がそれほど高くなかったり、コーデックが
 最新のものではなく、最高の結果が得られないことが多いからです。

 WMVへエンコードには「ウィンドウズ メディアエンコーダー(以下メディアエンコーダー)」を使用しま
 す。メディアエンコーダーは無料でダウンロードできますし、機能も高性能です。バージョンアップも
 定期的に行われ、いち早く最新の技術を使うことができます。


 ウィンドウズメディアエンコーダーの使い方はコツが必要

 メディアエンコーダーは設定項目が多い反面、初心者にとってとっつきづらいソフトかもしれません。
 しかし、一度作業の流れをつかんでしまえば後は自分の好みで高画質にこだわったり、ファイル容
 量を抑えるなどの設定ができるようになります。


 ビットレートと容量の関係

 メディアエンコーダーを使う上で一番悩むのは、画質と容量のバランスをいかにとるかということで
 す。高画質にこだわるとファイル容量は大きくなってしまいますし、ファイル容量を抑えようとすると 
 画質が低下してしまします。初めは面倒に思うかもしれませんが、非常に大事な作業です。

 新米パパは実際にいろいろ実験をしてみて、ビットレートと容量の関係をまとめた表を作ってみま
 したので、参考してみてください。


動画をウィンドウズメディアビデオ形式にエンコードする
WMV形式の特徴

メディアエンコーダーの
DLとインストール

メディアエンコーダーの
使用方法

ビットレートの設定と
容量の関係

高ビットレートを設定
するときの注意点

新米パパのオススメ
  設定は・・・
動画編集ソフトくりぃむ トップ
動画編集ソフトくりぃむTOP動画をWMV形式にエンコードする